>

資源を再利用するのが良い方法

再利用できるものとは

ゴミだと思っても、実は再利用できる素材で作られているかもしれません。
リサイクルのことをよく勉強して、どんな素材なら再利用できるのか知ってください。
ペットボトルは身近な製品ですが、再利用できます。
そのため、捨てる時は回収ボックスに入れてください。
すると業者に引き取られて、リサイクル施設に行きます。

そこで次の製品を作るのに使われます。

ペットボトルを作るために、石油が使われています。
ご存知の通り、石油も使い続ければいつかは底をつくものですから、大事に使わなければいけません。
みんながリサイクルを意識して、正しく分別することで地球環境は守られます。
綺麗な環境を、後世にも残せるようにリサイクル活動に貢献しましょう。

どんなものに生まれ変わるのか

使い終わったペットボトルでも、回収されて施設に行くことでもう1回ペットボトルとして生まれ変わることができます。
また、最初はペットボトルだったけれど全く異なる製品になることも多いです。
ペットボトルから、衣類が作られます。
固いペットボトルですが、機械を通すことで柔らかくなってシャツやネクタイなどの衣類になります。
普段着用している衣類の中にも、もともとはペットボトルだったものがあるかもしれません。

ペットボトルを再利用することで、たくさんの製品が作られます。
無駄な資源を使わなくても良いので、積極的にリサイクル活動に取り組んでください。
飲み終わったペットボトルを、専用の回収ボックスに入れるだけで良いので簡単です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る